個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
【著書】
働く女子の女優力 CCCメディアハウス 別役慎司
誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
【研修内製化支援】
イノベーションズアイ認定 中小企業向け社内研修講師養成講座
【プレゼン塾】
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
【動画チャンネル】
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
【公開プレゼン】
Amazing7 プレゼン 即興力で人生を切り開け 別役慎司
【Eラーニング】
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術
【取材・掲載記事】
イノベーションズアイ取材記事
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
【提携】
イノベーションズアイ支援機関

DMM講演依頼 別役慎司

福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > あなたの人生を変えるコラム > 殻を破るどころか、殻を作らせる新入社員研修

あなたの人生を変えるコラム

< 本当の意味での人間力とは  |  一覧へ戻る

殻を破るどころか、殻を作らせる新入社員研修

なぜ殻の固い社員ばかりになってしまうのか、今回は新入社員研修の視点から見ていきたいと思います。
 

表面的な研修ばかりが横行している


私は研修講師としても活動していますが、日本の新入社員研修をみると、はっきりいって無意味さを感じます。

無意味なだけでなく、個性と創造性の開花を阻害する殻構築の研修です。

というのも、表面的なテクニックやマナーばかりを教えるからです。

学生と社会人の違い、厳格な規範とロジカルなモノの考え方。

これらを学ばせたい必要性はわかるのですが、その人の個性や創造性を無視して、

表面的なテクニックばかりを教え、それらの実践を強要するのは大きな落とし穴です。
 

手のかかる新入社員が生まれるわけ


真面目な新入社員たちは給料ももらっていることですし、しっかりと実践しようとします。しかし、喜んでいてはいけません。

結局教えられた画一的な表面的テクニックを行使するだけなので、

新しいものを生み出す創造性も封じられますし、自ら決断する勇気はなくなりますし、個性はますます埋没します。

使えない社員の第一歩を踏ませているのです。

社会人というロボットを生産しても意味はありません。いうことをきくことが優秀なのではありません。

自ら考え行動し、イキイキと創造的に仕事に励む社員こそ素晴らしいのです。
 

意義を感じて行動したい若者


特に、現代の若者は、意義を感じて行動したい世代なので、画一的な押しつけは、

相当な心的ストレスになり、仕事ぶりが悪くなるだけでなく離職率も高くなります。

逆に、彼らに自由な裁量を与え、仕事に意義を感じさせ、思い切り失敗させながら伸び伸びと育てた方が、

遙かに優秀な戦力になります。
 

正解を求めない人材へ

 

研修の段階で、はっきりいって芽を摘んでいるのです。 ついでにいえば、就活もそうです。

彼らは内定という結果を得るために、マニュアル通りの振る舞いをします。

面接官からすると、凡庸な、魅力に欠ける学生ばかりに見えます。

本当は、素晴らしい個性と創造性を持っているのに、わざわざ気に入られようと表面的なテクニックに頼り、優秀な学生を演じます。

これが逆効果になっているのは、面接担当であればわかることでしょう。

 

人は目先の結果を求めると、ついつい目に見える表面的なアプローチをしてしまいがちです。

というのも、正解がほしくなるので、解答例を参照してしまうのです。

そんな解答例など、予測不能だらけのビジネスの世界で通用するわけはありません。

1000人いれば1000人解答は違っていていいのです。


新入社員研修
 


< 本当の意味での人間力とは  |  一覧へ戻る

このページのトップへ