個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
イノベーションズアイ取材記事
イノベーションズアイ支援機関


福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > あなたの人生を変えるコラム > アーカイブ > 2015年6月アーカイブ

あなたの人生を変えるコラム 2015年6月アーカイブ

商品を説明する際のプレゼンテーション

新商品がリリースされてたとき、わたしたちはテレビやCM、ネットで
それらの商品を目にしますが、日本の場合は商品そのものをフィーチャーする特徴があります。

映像または写真で、じっくりと、美しくその商品を伝えます。

海外の場合、「人が体験して、どういう感想を持つか」ということを重視する特徴があります。
ですので、商品を使っている人の表情や体験の言葉を伝えます。

人も商品もしっかりと時間をかけて伝えるプロモーションといえば、

TVショッピングが効果大です。

事実、短時間でものすごい数を売り上げます。
そこには、様々なマーケティングのテクニックが盛り込まれていますね。

しかし、皆さんも日本とアメリカのTVショッピングを見たことがあると思いますが、
随分と演出の違いがありますよね。
アメリカのTVショッピングでは、体験する案内役の人やタレントの人が、

これでもかというくらい表情やジェスチャー豊かに表現します。

「人の体験と感想が大事」だという意識が、如実に現れていますね。

日本の場合は、表情やジェスチャーよりも、機能説明に対する相槌や反応で現します。
すなわち、商品のメリットや商品の安さに対して、言葉で重ねて薦めるのです。

確かにアメリカンな豊かすぎる表情・ジェスチャーは日本人にはそぐわないのですが、

もう少し日本にもあっていいものです。

皆さんも、ご自身の商品やサービスをプレゼンするときは、言葉だけにならず、

表現豊かに体験談を加えてみて下さい。

表情とジェスチャー豊かに商品のプレゼンテーション

 

 


1

« 2015年5月 | メインページ | アーカイブ | 2015年7月 »

このページのトップへ