個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
【著書】
働く女子の女優力 CCCメディアハウス 別役慎司
誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
【プレゼン塾】
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
【動画チャンネル】
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
【公開プレゼン】
Amazing7 プレゼン 即興力で人生を切り開け 別役慎司
【Eラーニング】
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術
【取材・掲載記事】
イノベーションズアイ取材記事
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
【提携】
イノベーションズアイ支援機関

DMM講演依頼 別役慎司

福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > あなたの人生を変えるコラム > アーカイブ > 2017年5月アーカイブ

あなたの人生を変えるコラム 2017年5月アーカイブ

体験こそが重要だという理由

あなたが自転車に乗ったことがない人だとします。

自転車の乗り方を聞きました。「サドルという座る部分に腰をかけ、両足は両サイドにあるペダルにかけます。
ただし、ただペダルに両足をかけても、倒れてしまうので、片足からかけて、もう片方の足を助走に使います……」


自転車に乗ることが出来るでしょうか?

あるいは、本で自転車の乗り方を勉強しました。

図解付きで、とてもわかりやすく書かれています。

自転車に乗ることが出来るでしょうか?

できないはずです。

 

聞いたり見たりしただけではわからない

話に聞いたり、本を読んだだけで、通用する領域はとても狭いといえます。

それらは知識でしかないので、五感と肉体を使って物質世界を体験している私たちにとって、

知識は生きる上で限定的な補助にしかなりません。

自転車の例でわかるように、実際に乗って体験してみないと、乗れるようにはなりません。

感覚的にわからないでしょう。特に身体は、感覚で覚えるのであって、知識で覚えません。

 

スピーチもプレゼンも、人前で話す技術は同じ

スピーチやプレゼン、人前での話し方を上達させようというとき、

苦手な人ほど、知識ばかり詰め込んで、体験をしません
自転車とまったく同じなのにもかかわらずです。

本を読んで、人前で話せるようになるわけがなく、

本に書かれていることを実践してこそ、意味があるのです。

 

体験せよ、実践せよ

だから、実際に体験して、感覚的につかんでいかなくてはいけません。

知識は補助です。頭の中で解決せずに、実践として体験するようにしてください。

そうすれば、自転車と同じように、楽に乗りこなすことができるようになります。

自転車とスピーチ


1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年7月 »

このページのトップへ