個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
【著書】
働く女子の女優力 CCCメディアハウス 別役慎司
誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
【プレゼン塾】
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
【動画チャンネル】
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
【公開プレゼン】
Amazing7 プレゼン 即興力で人生を切り開け 別役慎司
【Eラーニング】
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術
【取材・掲載記事】
イノベーションズアイ取材記事
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
【提携】
イノベーションズアイ支援機関


福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > あなたの人生を変えるコラム > アーカイブ > 2016年10月アーカイブ

あなたの人生を変えるコラム 2016年10月アーカイブ

スティーブ・ジョブズと世界観

スティーブ・ジョブズは子供のように熱中する人でした。

今でいうと、「中二病」といえます。

自分の好きなコンピューターの世界で、「これは世界を変える」と熱狂し、

そのままそれを信じて、情熱を燃やし、行動し、本当に世界を変えたのです。
 

大言壮語も実現が伴えばカリスマに

「世界を変える」「宇宙を凹ませる」

 

という言葉は、大人になって成熟すると、もう発さなくなるものです。

しかし、ジョブズは20代前半で成功を収め、進化を続ける余地が多分にある

コンピューターの開発に没頭し、そのまんまの子供のような情熱と世界観を持ち続けました。

そうした普通では冷めた目で見られような大言壮語も、実現が伴うことで、

ジョブズは神格化されていったのです。
人が子供の時に持っていた、大きな世界観と、変えようというエネルギー。

これは大人になって挫折し、世界観を変えて、大人しく成熟していくものです。

しかし、ジョブズはそのまま突き進みました。
実際、中二病という言葉には、挫折して世界観を変えた人たちが自らを正当化するために使っている節があります。
 

夢見た世界観の一部になれる高揚感

ジョブズがつくったアップル製品を持つということは、そんな挫折の傷を埋めて、

自分も世界を変えた大きな世界観の一部になれるという高揚感があります。

ですから、アップルにハマる人は、自分の人生をクールにしたいという人が多いし、

その他の製品がアップル製品を上回っていても、手を出しません。

手を出すということは、ジョブズがつくりあげた世界観の一部から離れるということですから。
 

中二病が冷めるとき

ジョブズ自身も、そのように自分の世界観を持ち続けたので、

人間的な関係が希薄でしたし、社会との関わりや、法との関わりをうざったく思っていたでしょう。
ジョブズは、そうした理想の世界観を崩すような現実的なことは大嫌いだったと思います。
しかし、CEOとして向き合わないといけなかったので、ストレスは大きかったはずです。

中二病の延長で、本当に世界を変えてしまった、彼の世界観が修正されるのは、

アップルのCEOを退任し、全てを手放し、生と死に向き合い始めたときです。
自分の業績や物質的成功も、死の床を前にすると、なにも意味はなさないことに気づくのです。
スティーブ・ジョブズ最後の手記は、世間で公開され、SNSで広がり、多くの人に衝撃を与えました。

 

それでも幸せな人生

ジョブズのように子供のような心で、自らやりたいことを決め、そこで最高の理想を思い描き、

それらを実現し、享受し、多くの人を巻き込んでいった人生はとても素晴らしいものです。

そのことに関しては、例え臨終を前にして後悔があったとしても、揺るぎないものでしょう。

確かに、大いなる達成感を感じていたことでしょう。

しかし、わたしたちは人と人との関わりの中でしか生きられないわけで、

もう少し、大人としての成熟した部分と、子供心の世界観を共存できれば、なお最高だったでしょう。
そうすれば脱税や、労働者の自殺、内紛、脅迫などの悪しき部分も少なくなったと思います。

 

steve-jobs.jpg


1

« 2016年9月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »

このページのトップへ