個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
【著書】
働く女子の女優力 CCCメディアハウス 別役慎司
誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
【プレゼン塾】
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
【動画チャンネル】
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
【公開プレゼン】
Amazing7 プレゼン 即興力で人生を切り開け 別役慎司
【Eラーニング】
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術
【取材・掲載記事】
イノベーションズアイ取材記事
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
【提携】
イノベーションズアイ支援機関


福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > あなたの人生を変えるコラム > アーカイブ > 2017年7月アーカイブ

あなたの人生を変えるコラム 2017年7月アーカイブ

コミュニケーションが苦手というのはダイエットよりも難題

コミュニケーションが能力が苦手だという人はとても多く、

自信があるかないかで尋ねれば8割以上が苦手だと答えます。
多くの人が問題意識をもっているのに、なぜ苦手比率が減っていかないのでしょうか?
まるでダイエット法がたくさんリリースされるのに、いっこうにやせる比率が増えないのと同じです。

いや、ダイエットよりも難題だといえるかもしれません。

 

コミュニケーションは学べない

その理由はコミュニケーションが学べないという点にあります。

コミュニケーション理論や心理学を知識として取り入れることはできますが、

これが画に描いた餅のようで、どうにも現実的に応用しづらいものです。

コミュニケーションは体験を通して上達していくしかないのです。

(一部、心の抵抗が起因となっている場合に、カウンセリング後すぐに向上するということはありますが)

大事なのは体験なのですが、現実世界での体験を通して苦手意識が増しているので、

良いトレーニングとしての体験が必要になります。

 

 

コミュニケーションを体験を通して学ぶ手段を知らない

体験を通してコミュニケーションを学ぼうとしても、皆さん手段を知りません

じゃあ、「どんな風に克服するの?」って聞いたら、どんな回答が浮かぶでしょうか?

ほとんど出てきません。

話し方教室?

こんな古い、使い古された単語しか出てこないのでしょうか?

新しい時代に合った教室はないのでしょうか?


 

インプロという答え、演劇という答え

これが、「インプロ」とか「演劇」という答えが返ってきたらすごいものです。

まさに、コミュニケーションを上達させていく上でうってつけの手段なのですが、

悲しいことに、「コミュニケーションを学ぶには?」

と問いかけたときに、ほとんど浮かんでこないものなのです。

一般的な認識として、インプロや演劇という言葉が返ってくるくらいになれば、

コミュニケーション力が苦手という比率も下がっているのではないでしょうか。

インプロ・演劇がコミュニケーション力の向上に役に立つ 


1

« 2017年5月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ