個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
イノベーションズアイ取材記事
イノベーションズアイ支援機関


福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > 開講スケジュール > シアタースタイル"アクティング"
~即興ワークでクリエイティブに話す回路が開ける 90分~

開講スケジュール

< 第38回「劇的なプレゼン」
誰でも伝える力が身につく、即興力と表現力の俳優流メソッド
  |  一覧へ戻る  |  第15回「劇的なストーリーテリング」
人の心を動かす、説得と共感の技術 >

シアタースタイル"アクティング"
~即興ワークでクリエイティブに話す回路が開ける 90分~

開講日 3/9(木)
終了
定員 10名

シアタースタイル アクティング

世界レベルのスタイリッシュでパワフルなプレゼンテーションを目指すなら、演劇的にならなければならない。

事実、スティーブ・ジョブズやTEDのプレゼンは演劇的である。

つまり、俳優のような表現力と、作家のようなストーリー構成力、
演出家のような演出力が一体となって、最高峰のプレゼンが出来ている。

日本でたった一人、俳優であり、劇作家であり、演出家であり、
しかも研修講師としても引く手あまたな別役慎司が提唱する
シアタースタイルプレゼンテーション」は、これら3つを備えた究極のプレゼン術である。

俳優流の「アクティング」、劇作家流の「ストーリーテリング」、演出家流の「ディレクティング
の三つを合わせれば、あなたのプレゼンはまさに劇的に変革を遂げる。 

 

3つの流儀の一つ「アクティング」

日本人がプレゼンテーションが苦手な理由は「表現力がない」こと。
言葉に抑揚がなく、表情も薄く、ジェスチャーもうまく使えないのでは、人の心を動かすことはできません。
表現することから逃げて、パワポのスライド作りや、原稿作りを頑張っても、緊張に負けてなんとか切り抜けるのが精一杯。

しかも、読めばわかる内容で、プレゼンターの意味があったのかすらわからないという結果に。

このようなプレゼンは非常に多いものです。こんな低次元のプレゼンからはすっぱり手を切りましょう。

この90分の講座では、
プレゼンが苦手なあなたも、その場で即興的に話せる「即興回路」を脳に作ります。
実は、準備をしすぎることがプレゼンに生命感をなくし、人に伝わらなくさせるのです。

演技トレーニングで使われるメソッドによって、即興に強くさせ、人前で伝える力をアップさせます。

●こんな方に
☑プレゼンが苦手である
☑表現力(表情、声、ジェスチャー)が乏しい
☑緊張に弱く、あがり症である
☑即興に強くなりたい
☑パワフルで人を惹きつけるプレゼンをマスターしたい

 

カリキュラム


ランダムテーマ即興自己プレゼン 
究極スピーチトレーニング「喜怒哀楽」
別役慎司からの直接アドバイス
※当日は必ず筆記用具をお持ちください。

◆終了後、懇親会を予定しています。(参加者実費)

申し込み

 

イノベーションズアイビジネスカレッジ(IBC)では、

別役慎司の90分特別講座を受講できます。


【有料会員(ISI・IS会員)・支援機関:無料】
【無料会員(K・M会員):5,000円(税込)】


詳細・申し込みはこちらから

フジサンケイイノベーションズアイ


< 第38回「劇的なプレゼン」
誰でも伝える力が身につく、即興力と表現力の俳優流メソッド
  |  一覧へ戻る  |  第15回「劇的なストーリーテリング」
人の心を動かす、説得と共感の技術 >

このページのトップへ