個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
【著書】
働く女子の女優力 CCCメディアハウス 別役慎司
誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
【研修内製化支援】
イノベーションズアイ認定 中小企業向け社内研修講師養成講座
【プレゼン塾】
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
【動画チャンネル】
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
【公開プレゼン】
Amazing7 プレゼン 即興力で人生を切り開け 別役慎司
【Eラーニング】
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術
【取材・掲載記事】
イノベーションズアイ取材記事
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
【提携】
イノベーションズアイ支援機関

DMM講演依頼 別役慎司

福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > あなたの人生を変えるコラム > スタンフォード大学の名誉講師が書いたインプロ本

あなたの人生を変えるコラム

< 荒木飛呂彦の漫画術にみる一流の極意  |  一覧へ戻る  |  商品を説明する際のプレゼンテーション >

スタンフォード大学の名誉講師が書いたインプロ本



スタンフォード・インプロバイザー ─ 一歩を踏み出すための実践スキルという本があります。

もう四年前の本なので、ぼくの誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 よりも前です。

日本でまだ「インプロ」という言葉を知らない人も多いのに、

「インプロ」という言葉をタイトルに入れたのは、出版社も勇気がありますね。

この本は、スタンフォード大学で30年以上指導歴があり、名誉上級講師のパトリシア・ライアン・マドソンという方が書いた本です。
1991年にスタンフォード・インプロバイザーズという団体をつくったそうです。

ぼくとは全く関わりがありませんし、この本を読んだこともなかったのですが、

「準備をしない」「今という瞬間を大切に」といったコアメッセージは、

ぼくの本とまったく同じ。

だから、アマゾンのレビューやブックメーターのレビューも気になって読んでみました。

ぼくの本の時もそうですけど、「行動しない人」が読んだだけで、

なにか成果を出そうと期待してしまうので狙った成果が出せないですね。
読んだだけじゃどうにもならない即興の本ですから、
「行動することが大切なんだな」と思っただけで終わってしまっているようです。

行動化してほしいんですけどね。
理想をいえば、インプロのクラスを受講することですが、

実生活でもインプロマインドは生かすことが出来ます。

読書家の人の多くは、知識や気づきだけで完結させてしまうので、

この種の本は、その良さを生かし切れないようです。


それから、いかにもアメリカ流インプロだなと思うのは「Yes, and」の考え方。

ぼくは、逆にまったく重要視していません。

「また、いってるよ」といった感じです。

相手を受け入れることは前提としてありますが、受け入れた上で、Noもありだと考えています。

多様な価値観があっていいので、なんでもYesは、かえって制限をつくってしまいかねません。

無制限のなかで、YesでもNoでも、自ら判断し、行動すること。

これが大切だとぼくは思います。


スタンフォード・インプロバイザー書評


< 荒木飛呂彦の漫画術にみる一流の極意  |  一覧へ戻る  |  商品を説明する際のプレゼンテーション >

このページのトップへ