個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介




よくある質問 アメブロ blog ビジネスインプロ&ビジネスゲームで殻を破る!
【著書】
働く女子の女優力 CCCメディアハウス 別役慎司
誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本 別役慎司
【研修内製化支援】
イノベーションズアイ認定 中小企業向け社内研修講師養成講座
【プレゼン塾】
プレゼンの究極講座 シアタースタイルアルティメット
【動画チャンネル】
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
【公開プレゼン】
Amazing7 プレゼン 即興力で人生を切り開け 別役慎司
【Eラーニング】
Eラーニング講座シアタースタイルプレゼンの3つの流儀 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術
【取材・掲載記事】
イノベーションズアイ取材記事
日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司
フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由
【提携】
イノベーションズアイ支援機関

DMM講演依頼 別役慎司

福利厚生倶楽部リロクラブ 

HOME > あなたの人生を変えるコラム > 説得力を高める「受け入れ」

あなたの人生を変えるコラム

< 劇作家流ストーリーテリング⑤~静の語り、動の語り 後半~  |  一覧へ戻る  |  メルボルンと、ビジネスパーソンのプレゼン >

説得力を高める「受け入れ」

テーブル商談や、提案プレゼンでの質疑応答に強くなる方法をご紹介します。

それは「受け入れる」ということ。

相手のいうことを一旦受け入れるということです。

特に新人~若手の営業マンに多く見られますが、

・自分のいいたいことばかりを伝えようとする。

・少しでも自分たちのメリットに持っていきたがる。
・反論に応酬する。

これらは「説得力」を失いがちです。

説得力を高めるためには受け入れることが必要です。


例えば、科学実験教室を学校に取り入れてもらおうと、学校の責任者に提案する段階まできたとします。
責任者の方が、「うちでは国際化を考えて、英語に力を入れているんです」
といったときに、「でも、科学実験は……」と、自分の主張・メリットを即座に伝えようとしたら、

大事な関係構築、信頼構築に失敗することになります。

こうした応酬話法を、反射的にすぐ取ってしまうのは、

なんとか理解してもらおう、なんとか良さを伝えようと頑張りすぎるからです。

相手の国際化という視点や、英語に力を入れているという取り組みを無視して、

自分サイドのことばかり話しても、相手と距離が離れるだけで、説得できる空気ではなくなります。

それよりも、「それは素晴らしいですね」と、一旦受け入れることが必要です。
なんなら、その英語の取り組みを聞いてみましょう。
相手が気持ちよく話している間に、その先どのように話を進めるか戦略を立てられるだけでなく、

相手との距離が縮まります。

「科学の実験のなかには、水や空気など、わたしたちにとって身近なキーワードがたくさん出てくるので、なんなら英単語としても学べるようにしましょう。単語帳で暗記するのではなく、実際に触れて、体験して覚えるので、絶対に定着しますよ」

と、相手の主張をうまく生かして、もっと良いバージョンに昇華させることもできるかもしれません。

「水や空気など、あって当たり前と考えてしまいがちですが、科学実験を通して、その大切さや本質を理解することが出来るでしょう。それは、国際的な感覚を持つ若者を生み出すためにも大変意義深いのではないでしょうか?」

といえば、相手のニーズを生かして、自分たちのサービスでそれが実現できるというアピールになります。


とにかく、「受け入れる」ということは、会話のクッションになるだけでなく、
新たな創造的な展開をも導く、重要な説得スキル
なのです。


受け入れるという説得スキル

 


< 劇作家流ストーリーテリング⑤~静の語り、動の語り 後半~  |  一覧へ戻る  |  メルボルンと、ビジネスパーソンのプレゼン >

このページのトップへ