個人向けプログラム
殻破りインプロ(一般向)
女優インプロ(女性向)
劇的なスピーチ(個人向)
劇的なプレゼン(個人向)
個人レッスン(個人向) 劇作家流ストーリーテリング(個人向)
法人向けプログラム
法人研修プラン
会社まるごと変革計画
劇的な会議
専門ロールプレイヤー派遣 劇的なプレゼンforアントレプレナー トップ営業マンの暗黙知可視化

よくある質問
トレーニング・セミナーの様子を動画でご紹介
 

linebannerside.jpg
 
【著書】




【動画チャンネル】
フジサンケイイノベーションズアイ「ビジネスTV」プレゼンの奥義
【公開プレゼン】
Amazing7 プレゼン 即興力で人生を切り開け 別役慎司
【Eラーニング】
 動画で学ぶパブリックスピーキング講座 動画で学ぶスピーチ&プレゼン術
【取材・掲載記事】
イノベーションズアイ取材記事
nikkeibusiness_sidebar.jpg

日経MJ掲載 俳優流プレゼン術で表現力アップ 別役慎司

フジサンケイビジネスアイ新聞掲載
yahooニュース掲載、RBB TODAY、goo、mixi、Mobage、infoseekなど
住友化学社報のメイン特集としてカラー3p掲載
DODAキャリアコンパス記事協力 電話恐怖症克服
DODAキャリアコンパス記事協力 デキる社会人は演技を学ぶ!? 話題の「インプロ」が仕事に役立つ5つの理由

DMM講演依頼 別役慎司

福利厚生倶楽部リロクラブ

HOME > あなたの人生を変えるコラム > 右脳プレゼンと左脳プレゼン

あなたの人生を変えるコラム

< 英語のアウトプットとスピーチのアウトプットは似ている  |  一覧へ戻る  |  本を読んだだけでは変わらない >

右脳プレゼンと左脳プレゼン

脳科学は相変わらずブームですが、私は、大して気にしません。

脳はスピリットと比べると遥かに限定的です。

しかし、現実社会を生きていく上で、脳の機能の果たす役割はほぼ全ての領域に渡ります。

右脳は感情を読み取ることが得意な部位で、

スピーチやプレゼンでの抑揚……つまり感情的表現も右脳ががんばってやってくれています。

右脳に障害のある人のスピーチが、理路整然としていたけれど棒読みだったという報告もあります。
 

左脳は、情報を順序立てて整理したり、とても理性的な部位です。

日本のビジネスマンのスピーチやプレゼンは、左脳ばっかり使っているということがいえます。

もっと右脳的なスピーチやプレゼンをしていかなければいけません。

なぜなら、それが聞き手の心を動かすことに繋がるからです。

自分自身が感情的に豊かな表現できなければ、また相手の感情を読み取ることができなくては、

人の心を動かすスピーチやプレゼンが得意になることはありません。

そのためには、もちろん演劇トレーニングが有効です。

 

プレゼン指導者の多くは、スライドの作り方や情報の整理の仕方ばかり教えます。

とても左脳的です。

彼らは「人の心を動かすプレゼン」とか「伝わるプレゼン」といいますけど、

左脳プレゼンばかりやっている時点で、それは無理なのです。

中途半端なレベルになってしまうのです。

アメリカでは、医者が患者の感情を読み取るトレーニングとして、

俳優のレッスンを受けたりするそうです。

ビジネスマンも、取り入れていくべきです。


左脳的なプレゼンはやめて、右脳的なプレゼンを
 


< 英語のアウトプットとスピーチのアウトプットは似ている  |  一覧へ戻る  |  本を読んだだけでは変わらない >

このページのトップへ